【Gold Crafters #07】「弘前チーズ工房 カゼイフィーチョ・ダ・サスィーノ(青森)」笹森通彰さん

Gold CrafterシリーズファイルNo.7。
今回ご紹介するのは「弘前チーズ工房 カゼイフィーチョ・ダ・サスィーノ」の笹森通彰さん。


Q1 工房スタートの経緯、もしくは現在の工房へ就職した経緯について
保健所の確認を取り、独学でしたが、ピッツァ専門店で店内消費用として自家製モッツァレッラを使ったピッツァを売りに提供していましたが、ある日保健所から「よく調べたら製造業の許可を取らなければ店内消費でも製造不可」と言われたため、工房を開設しました。
  
Q2 チーズ製造者を目指した、もしくはチーズづくりに目覚めたきっかけは?
イタリアで働いていたレストランではチーズも製造しており、意外に簡単そうに(チーズ製造が) 出来ていたから。
 
Q3 これから目指していることは何ですか?
昭和の街の豆腐屋みたいに、近隣の人が容器を持って買いに来るような、普段の家庭の食卓で気軽に食べてもらえるような 街に溶け込んだ工房にしたいと思います。つくってみたいチーズはイタリア系チーズならなんでも。
 
Q4 消費者へのメッセージをお願いします
国産ワイン同様、国産チーズもすごいペースで質が向上してきていると思いますので、是非お手にとっていただき、成長ぶりを感じてください。
 
Q5 チーズつくりにおいて、大切だと思うことは何ですか?
世界のトップクラスのチーズの質を知ること。
 
Q6 5年後、国産ナチュラルチーズの状況はどのようになっていると思いますか?
弘前に関してはチーズ消費量日本一になっていると思います。

 
●弘前チーズ工房(カゼイフィーチョ・ダ・サスィーノ)
青森県弘前市土手町62-1
Tel. 0172-33-2139
 
主な商品:
ジャージーブッラータ(パスタフィラータ)
ジャージーモッツァレッラ(パスタフィラータ)
 

Japan Cheese Award

食べ手・伝え手のプロ、チーズプロフェッショナルだからこそできる応援をしたい! ジャパニーズ・ウイスキーが一つのジャンルとなったように “ジャパニーズ・チーズ”も国内外で認められる、そんな未来を描いていこう! みんなの熱い想いが詰まった国産ナチュラルチーズのコンクール。 それが Japan Cheese Award(ジャパンチーズアワード)です。

0コメント

  • 1000 / 1000