【Gold Crafters #05】「敷信村農吉 乳ぃーずの物語(広島)」國利知史さん

シリーズ【Gold Crafters】5人目は、「敷信村農吉 乳ぃーずの物語(広島)」國利知史さんです。
「モッツァレラ」で、「Japan Cheese Award 2014」と「モンディアル・デュ・フロマージュ 2015」で共に“ゴールド”に輝きました。
他にも、「リコッタ」で銀賞を受賞し、フロマージュブランタイプのチーズに三次ワイナリーの赤ワインでつくられたゼリーをあしらった「なかよし。恋よし。」というバラエティチーズは、モンディアルで銅賞を受賞しています。

 「敷信村農吉 乳ぃーずの物語」國利知史さん
1975年生まれ。大学卒業後、地元のホテルに勤務。20代後半でチーズに興味を持ち、北海道など3つのチーズ工房に勤務。その後、食材の卸会社を経て、株式会社敷信村農吉 チーズ工房「乳ぃーずの物語」(ちーずのものがたり)に勤務し、チーズ製造及び販売、営業に従事する。

Q1 チーズ製造者を目指した、もしくはチーズづくりに目覚めたきっかけは?
ホテルマン時代、全国からお越しになるお客様に地元の観光案内を行う中で、自分でお客様に喜んでいただけることがやりたいという思いが強くなりました。私の住む広島県庄原市は、日本初の国営種牛牧場が設置された酪農の歴史ある街です。その歴史を活かしたことをやろうと考え、チーズを勉強し始めました。勉強すればするほどチーズの面白さにはまっていきました。
  
Q2 これから目指していることは何ですか?
私たちはチーズの概念を取り払い、まったく新しいジャンルのチーズに挑戦していきたいと思います。
 
Q3 消費者へのメッセージをお願いします
広島県ではまだ国産のナチュラルチーズを食べる機会が少ないのが現状です。私たちがチーズの情報発信源となって、県民の皆様に国産ナチュラルチーズを知っていただき、食べていただきたいと思います。
 
Q4 チーズづくりにおいて、大切だと思うことは何ですか?
チーズづくりはその日によって状況が変わってきます。普段からよく観察し、データと自分の感覚を併用させて製造することが大切だと思います。

●敷信村農吉 乳ぃーずの物語
広島県庄原市一木町533-4
Tel. 0824-72-7634(平日)
0824-72-2062(土・日・祝)
 
主な商品
モッツァレラ(パスタフィラータ)
カチョカヴァロ(パスタフィラータ)
スカモルツァ(パスタフィラータ)
リコッタ(フレッシュ) 他

Japan Cheese Award

食べ手・伝え手のプロ、チーズプロフェッショナルだからこそできる応援をしたい! ジャパニーズ・ウイスキーが一つのジャンルとなったように “ジャパニーズ・チーズ”も国内外で認められる、そんな未来を描いていこう! みんなの熱い想いが詰まった国産ナチュラルチーズのコンクール。 それが Japan Cheese Award(ジャパンチーズアワード)です。

0コメント

  • 1000 / 1000